介護

ペレットの切り替えを考える

おはようございます。

最近ずっとおはようございますだわw

管理人satoiです😊

🐇

今日も「うさぎの介護」に関する記事を打ちます。

でも、先に言っておきますね。

※今回の内容も私が個人的に考え、実践したことです。

人それぞれ考え方は違うと思いますから参考程度に

読んで頂いて欲しいです。強要ではないです😀

なぜこの文章を打ったかというと賛否両論ありそうだからw

大袈裟かもですけど、

押しつけがましい事は嫌いなのでね(*'▽')ユル~ク

~前回の記事~

食欲低下での取り組み(牧草バージョン)

粉にしたペレットは「スーパーシニア」絵にしました。

スーパーシニアとは・・・

うさぎのペレットを販売している、

「イースター(YEASTER)」さんの商品です。

年齢別に「バニーセレクション」のシリーズがあり、

スーパーシニア7歳以上の高齢うさぎ用

として販売していました( ᐢ˙꒳​˙ᐢ )ナルホド!

ウサ飼いさんの間ではバニセレ、バニセレ、と

略語を言っていた記憶がありますw

その粉状にした「スーパーシニア」なんですが、

みかんの時は3歳の時に

バニーセレクション

メンテナンス(7ヶ月以上用)

から

バニーセレクション

スーパーシニア(7歳以上用)

に切り替えていたんですヾ(*´∀`*)ウン!

普通なら「なぜ?」「どうして?」とか思うかも。

現在のうさぎ用のペレットは年齢別に分けて

売られているのがほとんどです。(¯∇¯٥)

でも、ペレットの切り替えって大変じゃないですか?

個体差、性格などあるかもですが、

うさぎって食べなれた味以外は拒否する傾向にありますよね。

これはうさぎの生態にも関係していることで、

「安全、確実」を優先した生き方だから。

捕食される側ならではの納得できる行動です。

それを踏まえた上で

食べなれたペレットを無理に替えることないかも。

高齢になればなるほど切り替えは大変だと思う。

もし、切り替えるとしたら早めの方が良い。

そして、

ペレットの栄養成分、

長生きすることを先読みしたら、

「今のうちに切り替えよう!」という判断に至りました。

この「今のうち」が、みかんが3歳の時だったんです。

それから寝たきりになるまで、

ずっと「スーパーシニア」を食べていました😀✨

念の為、

指定年齢ではない時に

このペレットをあげ続けても

特に何にも問題はありませんでした。

逆にペレットの「アレも!コレも!」みたいな

悩みがなく気持ち的にラクでしたよ(´,,•ω•,,`)💕

🐇🐇

ペレットを切り替えることに

あまり積極的じゃない私の考えですが、

「これは・・・早めに替えた方がいいんじゃないか?」

思った、例外のペレットがあります。(๑°ㅁ°๑)ハッ!

それは「ハードタイプのペレット」です。

いわゆる、カッテーンやつのペレットですわw

「カッテーン」の意味を知りたい方はコチラ

ショップとかでたまに子ウサギが食べているのを

見かけたりしていましたが、コレ・・・若いうちだけで

歳を取ったらキツくない?と思ったんです。

あ・・・私の個人的な意見ですけどねw

ちなみに

前記したバニーセレクションシリーズ

全て「ソフトタイプのペレット」でしたよ(。•ㅅ•。)ソフト!

🐇🐇🐇

介護絡みのペレットのお話でした。

自分で打っておきながら、

また、「これも・・・介護・・・か?」

と思いましたが、妻に確認したら「介護だよ」

アッサリ言われてしまいました💧(・∀・;)ソ、ソウ・・・

何か慎重になってしまうんですよw

うさぎの介護は情報を求めている人も多いだろうし、

変な情報は発信したくないのでね~(⌒-⌒; )

では、

今回はここまでにします。

読んで下さりありがとうございました(ღ*ˇᴗˇ*)。o♡

ブログランキングに参加中!応援クリックお願いします

-介護
-

© 2021 うさぎの幸せを願って Powered by AFFINGER5