モコ

第25話 うさんぽが初めての飼い主とウサギ

おはようございます。

管理人のsatoiです( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

最近、変わった着信が多くて「面白いなぁ」と思っています📱

着信名が、国際とか、アメリカ合衆国とか、日本とか、

あらあらという感じですw 次はどこから来るのかな?w

🐇

久しぶりに「モコ編」を打とうかなと。

もっと間をあけても良かったのですが、

たまに消化しないとマジで終わらない・・・( ゚Д゚)💦アワワワ

という訳で第25話打っていきます✊

今日の内容は「うさんぽ」ですね。

当時、「うさぎ」を「散歩」させるで「うさんぽ」というのを

初めて知って驚きましたよ。

「え?うさぎって散歩させて・・・というか大丈夫なの?」という感じでした。

妻はうーさんを自由に外で遊ばせていたよ。というので

良さそうな場所を決めて連れていくことにしました。

実家の近くには大きな川があってそこの土手がいいかなと。

今、私達夫婦が住んでいるところも川と土手があるので

似た感じですね。川と土手に縁があるヾ(*´∀`*)ワクワク

それで、

プラスチック製のキャリーを買ってね。あ、キャリーはニャンコ用です♡

飼い主が初めての「キャリー持ち」で「うさんぽ」

そして多分「モコ」にとっても初めての外の世界。

さらに私と妻のふたりだけ!ww

いままで何度も「うさんぽ」をした経験からすると

無謀なことしていたんだなぁ~と思いますよ( ̄▽ ̄;)

🐇🐇

で、こちらが初めてうさんぽで土手に来た写真💕

モコは「ここはどこ?」という感じでキョトンとしてました。

緑がいっぱいで見ため的には良いのかもしれないですが、

人間目線とうさぎ目線では全然違うのですよ。

だいたい、広くて緑がある場所を喜んで走るみたいな想像しますけど、

よっぽど、よっぽど慣れた子でないかぎり遊びません💦

でも、

そんなことは知りませんからねぇ。

キャリーのフタを開けてボーッとしている(怖がっている)モコに

「ほーら、モコ。広いお外だよ~」とキャリーから持ち上げて出しましたから💧

そうしたらどうなるか・・・

当然、全然動きません。カッチカチに緊張してビクともしません。

あと、うーさんが野草食べたとか妻が言っていたので

野草食べまくるのかなと思いきや、全然食べません(当たり前)

しばらく様子を見ていて、やっと動いたと思ったら

私の股の間に入ってきて・・・もう絶対に動きませんでした💦

初の「うさんぽ」は着いた場所から1歩も動かずに

終了しました。とても残念でした(°ロ°٥)

まあ、当然ですよね。

うさぎ自体に散歩させるという行為は人のエゴですから。

うさぎにとっては周りは天敵だらけ。

元々、常に緊張しながら野外で行動するものですからね。

それを

耳が垂れて聴覚が鈍い子を隠れ場所もない広いところへ

連れていったのですから。固まるのは当たり前です。

唯一身を隠せる私の股の下で動かないのも当たり前。

でも、そんなことを知るのはずーっと、ずーっと後なんですよね。

知識というのはとても大事ですよ( ˘ω˘ ; )

🐇🐇🐇

自宅への帰り際に神社⛩があってそこに大きな木があるんですが、

その木の落ち葉がとても大きくて飾るのにイイ感じだったので

持って帰りました🍁

でも、その大きな木・・・何の木だったか覚えてないんです。

当時の場所に行ってみたらその木は無くなっていたし・・・。

それを部屋に置いておいたら、

モコが・・・

バリバリ言いながら食べてました( ° ω ° ; )

相当な高さから落ちた葉なのでウサギが食べる葉ではないことは、

たしかなんですが、モコは一生懸命食べているので

あげてしまったんですよね。

この後、何度かその落ち葉を取りに行ってあげていましたよ。

写真だけでは何の木の葉なのか、まったく分からない(;'∀')

でも、モコは食べる。

モコの体を覆い隠すほど大きいのも特徴的でした🍁

✨✨✨

初めての「うさんぽ」の最後は

初めて落ち葉を食べるで締め括りました(^▽^;)

たしか、もうちょい大きくなったら別の場所でも

うさんぽチャレンジするんですが、走ることは無かったなぁ。

しかもその写真自体も無いし・・・。

「うさんぽ」という単語自体、当時は珍しい単語でしたし、

今でもウサギ飼いさん以外では知らない人も多いかもですよ。

というわけでモコの最初で最後のうさんぽ写真の紹介でした。

では。

今回はここまで。

いつもご愛読ありがとうございます(*´▽`*)💕

ブログランキングに参加中!応援クリックお願いします

-モコ
-, , , , , , , , ,

© 2021 うさぎの幸せを願って Powered by AFFINGER5