介護

寝たきりになってからの安心スペース

おはようございます。

管理人のsatoiです😊

では、さっそく「介護」のお話を続けます。

🐇

みかんの体に力が入らなくなり

完全に寝たきり状態になりました。

そうなるといかに楽な場所で過ごさせるかが課題。

過程をお話してもダラダラと長くなってしまうので

うちでのオリジナルで

最終的に落ち着いた過ごさせ方をご紹介します。

まず必要だったのが

「防水シーツ(大きめ)」

これは毎日汚れることを考慮して何十枚も買う🙌

「柔らかいクッションor長座布団」

これはみかんを寝かせる場所の一枚目の敷布団で

使うことにしてました。ベットの土台みたいなもの。

「タコ足の吸水マット」

これはとても重要!🐙

床ずれ防止の為に、病院の先生からおススメされたもの。

平らではない、タコ足状のマットならではの発想で、

自重によって体に掛かる負担、圧(あつ)を

分散させることが出来ます。

さらに空気の流れも良いことから蒸れ防止にもなります。

※最近では

高齢うさぎさんに使用している方を沢山見かけますね。

「ふわふわなタオルとトイレシーツ(通常サイズ)」

これは必要に応じていろいろ使います☁

下記で説明しますね。

🐇🐇

まずは・・・

防水シーツを敷きます(1枚目)

そして、長座布団を半分に折り、

折り曲げた方を頭側にして膨らみを作る。

それを防水シーツ(2枚目)で全体を包みます。

その上にタコ足マットを置きます。

次に、頭をのせる場所(膨らみ)には

ふわふわタオルを置き、

体がくる場所にはトイレシーツを敷きます。

寝たきりは糞尿が垂れ流しになってしまうので、

トイレシーツ、防水シーツのダブル防備。

体が濡れないためのタコ足マット。

ここまで準備が整ったら、

みかんを静かに寝かせてあげます(*ˊᵕˋ*)੭ ソーットネ♥

膨らんでいる方に頭を。

トイレシーツのところに体を。

置いてあげる感じです。

この時に置いてしばらく見ていると

寝心地を自分で調整し始めようとモゾモゾするので

それをうまく読んであげてベストポジションに

微調整させてあげてました(ノ*>∀<)ノ ヨシ!

🐇🐇🐇

とりあえずですが、

オリジナルの寝かせる場所を説明してみました😊

文章だと伝わり辛いかもですので、

絵と併用しながら見て下さい。

たぶん、読んで理解するまで、

あっという間だと思いますが

この状態に至るまで四苦八苦しましたよ(;'∀')💦

この後も引き続き、

寝たきり話をしていきますね(`・ω・´)ゞビシッ

では。

今回はここまで。

読んで下さりありがとうございました(*´▽`*)💕

ブログランキングに参加中!応援クリックお願いします

-介護
-

© 2021 うさぎの幸せを願って Powered by AFFINGER5