モコ

第30話 新居で暮らす夫婦と1羽

安全性を保障してある正規広告です。気になる方はどうぞ♡

こんばんは。

深夜のsatoiです🌃(灬˘╰╯˘灬)🌙

近所にある梅の花が綺麗に咲いていました🌺

春が近づいてきてますねぇ😊

今日はモコ編 第30話打っていきます。

🐇

新しい新居こと、今のマンションに引っ越ししてきました。

とにかく広すぎて私達夫婦は持て余してましたよ。

ITハイツみたいに一部屋だけに物が集中していました😅

モコにとっては広い遊び場とすぐに理解してくれて、

自由に走り回ってましたねぇ それだけで引っ越して良かったと

思ってました。兎に角、うちはうさぎ優先ですw

この頃から自分アピールを積極的にするようになり、

私にも妻にも表現豊かな行動してくれましたよ♡

でも、私はこの頃、仕事が忙しくていつもグッタリでした💦

帰ってきて寝てると、このように乗ってきます・・・。

理由はわかりません。寝ると乗るんです💧

でも、しっかりと「エライぞ」と言いながら、

おやつをあげます(;・∀・)

とりあえず、食べる時は降りて欲しかった・・・。

2キロ強のふわふわが重いです💧

黄色いエサ入れは水のみ専用に変えたのもこの頃。

「給水器具」の記事に載せたように沢山の水を

飲ませたかったのでね。

モコもガブガブ飲んでくれて良かったと思いましたよ。

いつだったかYouTubeでも給水ボトルはよくないとか、

だれか動画を出していましたね。

似た考えの人がいてくれて嬉しいです😆

一緒に昼寝することも多くなりました。

部屋自体は広いので、伸び伸びくつろげるのが良いですw

妻とモコは特に仲良し💖

相変わらずモコの中のピラミッドの優位は変わらないので。

私は見守り係で十分満足です(*´▽`*)

今回でこのシリーズも30話になったわけですが、

モコは私の独身時代から、結婚、新婚生活、

今現在も住んでいるココまで、ずーーーっと一緒にいてくれた、

人生の中間を見てくれたうさぎなんですよね。

それだけにモコに対する思い入れは今でも強いです。

特に私は最初から一緒なわけですから。

もう居てくれるのが当たり前と思ってしまうほど・・・。

本当はそんなんじゃいけないんですよね。

でも、私もいろんな意味で未熟でしたからねぇ。

この頃は、

たしか・・・モコは5歳ぐらいだったと思います。

✨✨✨

とても不思議な一枚。

この頃・・・なぜか壁に向かって、並んでご飯を食べていましたw

なんで?なんでだろう?

私も妻も覚えていません。不思議です???

今はあれですよ。

ちゃんとコタツがあって向かい合うようにして

ご飯とか食べていますよw

でも、今になっても思うのが広すぎるなぁ~って。

うさぎにとってはいいのかもですが、

私はあまり好きではないかも。

たとえば、田舎の家とかも無駄に広い!とか思っちゃいますしw

ちなみに妻も「ちょっと広いかも」とか言ってましたよ。

。。。

ではでは。

今回はここまで。

ご愛読ありがとうございました(*´▽`*)♫

ブログランキングに参加中!応援クリックお願いします

-モコ
-

© 2021 うさぎの幸せを願って Powered by AFFINGER5