大久野島

うさぎと観光客の問題 後編

おはようございます。管理人のsatoiです(*ˊᵕˋ*)੭

3連休は観光スポットがあちこちで混んでいましたねぇ💧

私は家で寝て起きての繰り返し終わりましたよw

でも睡眠って大事ですねw 頭も体もスッキリしました(*´︶`*)

それでは後編を打っていきます。

🐇

忠海駅でこんなチラシを見かけました👀

前編でお話しましたが、大久野島ではうさぎ以外の動物が繁殖しています。

島に到着した当日から、うさぎに混じって動き回る「ネズミ」を頻繁に

見かけました。大きさは10㎝程度で相当数いると思います。

そして休暇村の入り口には「イノシシ注意❕🐗」の貼り紙がありました。

イノシシはかなりの長距離を泳げます。大久野島の周りには沢山の島が

ありますし、普通に泳いで島に来たのでしょう(;´・ω・`)

ネズミはもちろん船かと。頻繁に島を往復していますし🚢

この「ネズミ」「イノシシ」は島で普通に繁殖しています。

イノシシの子供のウリ坊も見かけられていますし。

それ以外にも鳥類、特に「カラス」はかなり増えていました。

飛び回るわけではなく、常に狙う感じであちこちにいます。

島のどこへいってもカラスは見かけるほど増えてました💧

これほど他の動物を呼び寄せている原因は、他ならぬ

「観光客が持ってくるエサ」が大きな要因になっています(¯―¯٥)

大久野島には「うさぎのエサ」自体は売っていないのですが

忠海周辺には、あちこちで普通に売っています。

ペレットはもちろん、作切りされた野菜までコンビニで買えます🏪

うさぎ目的で訪れる観光客のほぼ9割は皆エサを持参して来てました。

「島にはエサが少ないだろうから・・・」と思う人もいれば、

「エサを食べるウサギと戯れたい」「うさぎと映える写真を撮る」

という人がほとんどです。

しかし、島のうさぎ達を見ていると枯草や落ち葉など大量にあり、

地面には綺麗な新芽などが沢山あり、みんなモグモグ普通に食べています。

それでも人間が持ってくる「生野菜」「ペレット」も喜んで食べている様子。

ただ、年間に島を訪れる人達は何万人といます。

そのほとんどがエサを持参してくるんですから、食べきれる訳がない。

それに加えて一番問題となっているのが「観光客のマナーの悪さ」

兎に角、大量に持ってきてバラまいて、集まるうさぎをある程度見たら、

「はい。さようなら」という自分勝手な人がほとんど。

うさぎ達は完食などほぼしません。警戒しながら食べているので、

少し食べたらすぐに他へ行ってしまいます(¯―¯٥)

そんなことを何万人の観光客が繰り返したら、どうなるでしょう?

島に行けば分かりますが、あちこち放置されたエサだらけ。

そして、その横で新たにエサを持ってきた人がエサをあげている・・・。

そりゃあ、他の動物達が集まってくるわけですよ。

島には掃除をして回っている清掃員のおじさんが1人いたのですが、

到底、掃除しきれる量じゃないのですよ(¯―¯٥)

フェリーが島に到着して、大きな袋に野菜を詰め込んだ人が降りてくる🚢

掃除を一生懸命しながら、それを見た時のおじさんの「またか・・・」と

思わせる顔が・・・。逆の立場だったら、きっと私も同じ顔をするでしょう。

🐇🐇

島にエサをあげにくる観光客の人達に悪気はないと思います。

同じうさぎが好き同士で、うさぎに会いに来てるわけですから。

でも、あまりにも考えていない。調べていないということが問題。

ウサギ=ニンジン🥕でしょ。みたいな感じでニンジンを大量にばら撒く。

ウサギ=野菜好きでしょ。と生野菜を何でもばら撒く。

中にはキャベツを丸ごと持ってきて、余ったらその辺にポイ捨て。

どこのメーカーだか分からないようなペレット(忠海周辺に売っている)

を山になるほど一カ所に盛り上げて放置。

こんなことねぇ・・・ちょこっと調べれば分かることなんですよ。

ウサギへの固定概念、ウサギを見下しているから、

こんな適当な事になっているんですよ( ゚Д゚)ゴラァ!

さらに私が言いたいのは、

あなたが島に来てまで顔がめり込むほど見ているのは何ですか?

と問いたい。それでものの数分見れば、うさぎの事を思って調べれば、

こんなことにはならないんですよ。

さらに立ちが悪いと思ったのは、この状況を県は分かっているはず

なのに、うさぎのエサやりに制限や注意を重視していない。

いう事です。観光客が倍増していることは明らかなのに放置状態。

最初に載せたチラシも休暇村に置いておくべきだし、

大久野島の人がほとんど集まらない「ビジターセンター」や

忠海駅構内の目立たない場所に置いても誰も見ないですよ。

(´-﹏-`;)・・・。(クールダウン中)

。。。

でもね。

ほんのごくわずかですが、

ちゃんと分かって島にきている人もいるんですよ。

しっかりした市販のペレットを持ってきて

集まった数羽分だけ出してあげる。

食べ終わるまで、しっかり待ってあげて

余ったらビニール袋へ入れてリュックで持ち帰る(*´ω`*)❀

とか、

牧草と水だけ持ってきて、牧草は少量だけ置き、

水は専用のお皿に継ぎ足していく。

そう!牧草です。とっても大事です牧草!(*´∀`*)

うさぎ達もほぼ完食していますから。きっと美味しいのでしょう。

ちゃんと分かっている人達。

ほんの少数の方々しかいませんが、

嬉しいですよ。涙が出ますよ( ´^`° )

うさぎの事を真剣に考えて島に来る人もちゃんといるんですよ。

私がペレットを少量しか持ってきてないのも、そういう理由です。

サプリメントを持って行ったのも、そういう理由です。

ちゃんとしたペレットはうさぎも喜んで食べます。

そして、食べ終わるまで待っていました。

それと同じことをしている人がいる・・・こんな嬉しいことはないです。

このブログを通して、1人でもいいから大久野島のエサ事情を

知って欲しいと願うばかりです( ᵕ_ᵕ̩̩ )

🐇🐇🐇

大久野島には遊具的なものはありません。

私が生まれる前、1970年代頃の大久野島は

観光施設が充実しており、さらに海水浴場も賑わっていたそうです。

でも、現在では「うさぎ島」を目的として訪れる人がほとんどで、

施設自体が使われているのか、いないのか・・・。

そんな遊具がない島では、レンタルで自転車などを貸し出しています。

そうなると、分かり切っているのが↓

大久野島ではちゃんとした道路があります。

島では運行用としてのバスがフェリー乗り場から休暇村を

何度も往復しています。でもちゃんとウサギ達に気を使い

ゆっくり走行しているのが分かります。歩行者専用とバス専用に

別れている道路もあり、安全を確保していると思いました。

でも、

自転車に乗る人は違います。島には傾斜もあり、

ガンガン飛ばしたり、歩行者感覚で乗ってる人もいます。

都心でさえ、自転車は飛ばして事故を起こすほど。

うさぎにとって道路も普通の広場も関係がありません。

そうしてのんびりしているところへ、猛スピードの自転車が

来たらどうなるでしょう。ぶつかったら、どうなるでしょう。

。。。

もうこの島にとってウサギは何なんでしょうね?

生きているマスコット人形的な?

あまりにも身勝手すぎる行動に、内容を打っていて落ち込んできます💧

広場を見れば、子供にうさぎを追いかけさせて

それを動画に撮りながら笑う親子。

酔いながら、うさぎの耳を持ち上げて自慢そうにする、

いい歳をしたおっさん。

体中傷だらけで頑張って生きているうさぎを見て、

「汚いからヤダ」と避ける子供。それを見て何も言わない親。

(´;ㅿ;`)

私は動物園、水族館、正直、あまり好きではありません。

中でも動物園によくあるウサギやモルモットを扱う

「ふれあい広場」が嫌いです。

動物はとってもデリケートで敏感です。

それが入れ替わり立ち替わり、いろいろな人間に

触られたり、持ち上げられたり・・・。

その度にかかるストレスがどれほどか考えた事があるでしょうか?

あそこにいる子達が、どのくらいの寿命になっているか

考えたことがあるでしょうか?

言い方を変えていえば、コンビニの入れ替えのペースぐらいで

変わっている事を知っているのはどれぐらいいるのでしょう。

私の目から見た大久野島とは、

「規制のないふれあい広場」ならぬ「ふれあい島」です。

今日は結構長文になってしまいました。

ここまで飽きずに読んでくれた方はいるかな?

もう2時間近く、ブログを打っているんですが、これでもまだ

足りないほど内容が残っています。

大久野島とウサギと、頻繁に行われる工事と毒ガス。

全てを打つつもりはないですが、出来る限り伝えようと思ってます。

✨✨✨

次回は、二日目から妻と一緒に島で行なった事と

傷つきながらも生きるうさぎ達の話です。

では。

今回はこの辺で。

あ・・・ピッタリ4000文字♡

ブログランキングに参加中!応援クリックお願いします

-大久野島
-

© 2021 うさぎの幸せを願って Powered by AFFINGER5