うーさん

うーさんに出会って

おはようございます。管理人のsatoiです(*ˊᵕˋ*)੭

今日は「妻」と「うーさん」にまつわる話をしていきます。

私なりに文章はまとめていきますが、妻のうーさんを愛する気持ちが

少しでも伝わってくれればと思いながら、打っていきますね(ღ˘ㅂ˘ღ)

🐰

うーさんに初めて出会った時は「こんなに可愛い動物がいるなんて」と

驚いたものでした。しかも一緒に暮らせるなんて夢のようで・・・

とにかく、とてもとても嬉しかった。

だから、とっても大事にして飼っていきました。

小学生から大学生1年生になるまでの約9年間を共に暮らしてきましたけど、

思いつく限り、出来る限りの事を精一杯してきたんです。

うーさんが小さい頃は一緒に遊ぶことが、とても良いことだろうと

思い、いろんな場所へさんぽに連れていきました。

れんげ畑とか、大きな池の公園とか、田舎にも一緒に帰省したりとか、

喜んで遊ぶ姿を見るのが、とっても嬉しくて楽しかった記憶があります。

🐰

うーさんが中年になると遊ばなくなったけど、学校から帰ると必ず

うーさんのところへ行って一緒に過ごすことが、凄く癒しになりました。

中学の頃はいじめられていたので、うーさんがいてくれて本当に良かったと

思ってます。うーさんに助けてもらったと今でも思ってます。

それから学校に登校できなくなった時、一度担任の先生が

自宅に訪ねてきてくれて、雑談の中でをうーさんの話をしました。

それでも学校へ行けなかったのですが、

また先生は訪ねてきてくれて、その時に「うーさんは元気?」と

言ってくれました。それがとても嬉しくて今でもよく覚えています。

その後、卒業式だけは出席することが出来たのは、

その一言のおかげだと思ってます。

🐰🐰

高校に入ってからは沢山の良いお友達が出来て、

その話も、うーさんにしてあげました。

うーさんは小さい頃から抱っこさせてくれる子だったから、

一緒にお昼寝しながら沢山の時間を過ごしてきました。

特に覚えているのは寒い冬にベランダにいたうーさんを自分が着ている、

半纏の中に入れてあげて耳が温かくなるまで撫でてあげたこと。

気持ちいいのか半纏の腕の中で寝てしまう、うーさん。

私もつられて一緒に寝てしまうのがとても幸せに感じていました。

今でも冬になって半纏を着ると当時のことを思い出します。

🐰🐰🐰

大学生1年生になってからは凄く忙しかったんですけど、

変わらずに、うーさんと楽しい日々を過ごしていました。

9年目の夏になり食欲が減ってきて、初めて動物病院につれていきました。

先生に事情(今は9歳でご飯をあまり食べない)と話をしたら、

とても驚かれて「それはもう寿命だね」と言われました。

その時初めて、うーさん・・・そうなんだと思いました・・・

一応、点滴を打ってもらいましたが、少し元気になっただけで、

またご飯を食べなくなってしまうんです。

その年の暑さに心配して念のために、ベランダからお風呂場にケージを

移して飼っていました。が、

どうしても断れない民宿のアルバイトを泊まりで行くことになり、

自宅にいない時に、うーさんは自宅で息を引き取ってしまいました。

妻はその時、アルバイト先でとても嫌な予感がしたそうです。

うーさんの最後は両親に看取ってもらい、旅立ちました。

帰ってきた妻は自宅のお庭に「うーさんのお墓」を作ってあげて

今でも、実家へ帰るとお花やお線香をあげたりしています。

初めて一緒に暮らした「うさぎ」のうーさん。

大きな病気もしないでずっと一緒にいてくれて

感謝の気持ちでいっぱいです。今でもうーさんは特別な存在です。

以上で、

「うーさん」のお話は終わりになります。

私が聞いた、うーさんの兎生は本当に幸せだったと思います。

昔は飼い兎でも長生き出来ずに死んでしまう子が多かったので、

うーさんは昔にしてみれば大往生だったと言えます。

でも、「長生き=幸せ」ではなく、

生きている間に、どれだけその子に愛を注いだかが、

とても大事だと私は思っているので、うーさんは本当に幸せな

兎生を過ごしたんだね。と思いました。

🌟🌟🌟

次回で、うーさん記事は最終回。

リアルタイムで現在残っている、うーさんの思い出の品を

ご紹介していきます(´。•ㅅ•。`)♡

ブログランキングに参加中!応援クリックお願いします

-うーさん
-

© 2021 うさぎの幸せを願って Powered by AFFINGER5